自然飼育にこだわった旨みたっぷり
宮崎県産ブランド「妻地鶏」

妻地鶏

肉へのこだわり・朝締め

妻地鶏は在来鶏のロードアイランドレッドを、ストレスを貯めないように120~150日に渡り飼育します。そのため飼育密度は1平方メートル当り10羽以下に制限をしています。羽数は少ないほど運動がしやすく、肉に締りが出て旨味が増します。 鶏が快適に生活できる環境で飼育することがおいしさを増す地鶏の秘訣です。

並びに、朝絞めの新鮮な妻地鶏は、プリプリして歯ごたえ抜群!炭火でじっくり焼けば香ばしい匂い が広がり、口の中で肉汁がジュワ~っと広がります。そんな絶品ご堪能ください。

自家製ブレンド岩塩

肉本来のうま味を引き出す岩塩を使用し、プリプリの地鶏のジューシーさに最大限マッチする配合をしています。肉本来のうま味と岩塩のハーモニーご堪能ください。

備長炭使用

表面はパリッとこんがり焼きあがり、うまみ成分を閉じ込める備長炭!
炭火焼きは余分な水分が出ないため、食材が湿りにくく、表面を焦がさずパリッと焼け、中までふっくら柔らかい味わいを実現します。
また、炭の遠赤外線効果で表面を素早く焼き上げるので、肉を焼いた場合などは、肉のうまみ成分(アミノ酸)のある肉汁をしっかり閉じ込め、うまみを逃しません。
炭には有機酸類が豊富に含まれ、炭焼きによりミネラルと同様、食物に付着してうまみを増すと考えられます。
炭焼きならではのパリッとふわっとした食感とうまみを存分に味わえます。

炭火の炎で旨みを閉じ込める

炭火は表面温度が~500℃の高温になり、素材を発熱させるので、しっかりムラなく焼き上げると同時にふわっとやわらかい味を実現します。旨みを閉じ込める炭火焼きは、食材のうま味を凝縮した味わいになります。
また、高温で焼き上げ中まで火を通す製法より、食材が生焼けになることがなく、雑菌等の殺菌にもなるので安心です。